ランニングコストの削減

産業廃水処理設備は数十年にわたって利用する設備です。そのため設備投資費用(イニシャルコスト)とともに、運転にかかわる経費(ランニングコスト)を抑えることは非常に重要な課題です。近年では環境への意識の高まりから、省エネルギー、再成可能エネルギー技術に対する注目が高まっています。