二軸差動型破砕機”スミカッター”

設備の破損や配管内の詰まりなどを未然に防止

スミカッターは、下水中を流れる布や木片・空缶に至るまでを効果的に破砕し、下水処理施設において設備の破損や配管内の詰まりなどを未然に防止し、それにかかる人手や費用を大幅に削減することができます。 現在、スミカッターは日本下水道事業団を初め国内各地の下水処理場、中継ポンプ場や工場排水処理施設などで数多く運転されており、その効果・耐久性は、各地で実証されています。

二軸差動型破砕機"スミカッター"の特長

  • 下水処理施設の保護

    ポンプや脱水機などの装置の破損や詰まり等の事故を未然に防ぎ、それにかかる人手や費用を低減することができます。

  • 水中での破砕処理

    スミカッターは、独特の防水構造により、水中で固形物を破砕処理できるので、従来の固形物の引き上げ作業やその処分にまつわる作業から解放されます。これにより、臭気や衛生面での問題も解消されます。

  • 優れた破砕性能

    強力な破砕力と噛み込み性の優れたカッターにより、木片や空缶も容易に破砕出来るので、固形物が破砕機の前に滞留することはありません。

破砕される代表的な固形物

  • セルフクリーニング機能

    スミカッターは、独自のセルフクリーニング機能により、常に破砕部をベストな状態に保つことができますので、日常の運転に人手を必要としません。

  • 保守・点検が簡単

    潤滑油は全てグリース潤滑になっておりますので、殆どメンテナンスフリーです。また、構造が簡単なのでカッター交換などの分解作業も容易にできます。

  • 大流量にも対応(スクリーン付)

    円弧状の水平スクリーンを併設した構造により、大流量の汚水にも対応することが可能です。またレーキによる掻き取り方式のため、スクリーンの目詰まりの心配がなく、常にクリーンで安定した状態で使用して頂けます。

適用例

水路設置型:処理場沈砂池や中継ポンプ場などの水路に設置

インライン型:汚泥濃縮設備、汚泥消化タンク設備などの汚泥配管中に設置

陸上横置き型:自動除塵機の後段や汚泥焼却設備などに設置

下記オプションも準備しております。

冠水型電動機:
万一、破砕機が冠水状態に至った場合でも、継続して運転することができます。
ステンレス製カッター:
海岸付近や温泉街、工業団地等の腐食性のある下水処理場に適しています。
セラミックス製カッター:
インライン型スミカッター専用の耐摩耗性及び耐腐食性に優れたカッターです。
延長軸:
深い水路に据付ける場合、電動機が水路の中に入ることがあります。このような場合、延長軸により電動機を水路の上に出すことができます。
制御盤:
スミカッターを快適に御使用して頂く為に、専用の制御盤を用意しております。万一、固形物による過負荷が生じた場合、自動過負荷逆転機能が働きますので、人手のない所でも設置が可能です。