移床式上向流連続砂ろ過装置 リサンドフィルター

砂ろ過層を効率的に使用し、かつ逆洗設備が不要

リサンドフィルターは、下水処理場の活性汚泥処理水(二次処理水)等のSS(懸濁物質)を除去し、ろ過水を場内用水として再利用したり、高度処理水として放流するための砂ろ過装置です。

本装置では、原水がろ過砂層を上昇中にSSを捕捉され清澄なろ過水となりますが、同時にエアリフトポンプ方式によりSSを補足したろ過砂を空気洗浄するため、逆洗設備が不要です。

運転原理

  1. 原水は導入管より上向流としてろ過砂層内に均等に供給されます。
  2. 原水中のSSはろ過砂層で捕捉され、清澄なろ過水が上部から処理水として流出します。
  3. エアリフトポンプ内を上昇中に、砂は空気による強制撹拌により洗浄されSSが剥離します。
  4. エアリフト管上部のろ過分離室で砂は落下し、ろ過砂層に戻ります。
  5. 濁質を含んだ洗浄排水は洗浄排水管から排出されます。

移床式上向流連続砂ろ過装置 リサンドフィルターの特長

  • ろ過と洗浄を同時に連続的に行います。
  • ろ過部は低圧損ろ過となっていて、大きいろ過速度が得られます。
  • 簡単な装置構成になっており、メンテナンスも容易です。

適用例

  • 下水処理場等における、活性汚泥処理水(最終沈殿池処理水)等のろ過設備
  • 浸出水処理施設の高度処理
  • 鉄鋼排水のリサイクル処理
  • 製紙工程排水の処理
  • 冷却水の浄化