鋼板製汚水処理システム

土木躯体を省略できるため、
速やかな施工が可能。

鋼板製汚水処理システムは、縦軸型機械式曝気撹拌装置「スミレーター」と鋼板製タンクを組み合わせた新しいシステムです。土木躯体を省略できるため、速やかな施工が可能であり、機器点数も少ないため、維持管理負荷も軽減できます。東日本大震災の災害復旧では、これら特長を活かして暫定対応処理施設として活躍しました。

鋼板製汚水処理システムの特長

  • 簡易な施工性

    土木躯体を省略できるため、短期間での施工が可能です。

  • 安定した汚水処理性能

    酸素供給量の調整が可能なスミレーターによる表面曝気・撹拌を同時に行うことで流入負荷変動に応じて安定した処理が可能です。

  • 容易な維持管理

    機器点数が少なく簡素なシステムを採用することで維持管理負荷を軽減しました。

  • 環境への配慮

    ブロワが不要であるため、騒音・振動等の問題がなく、環境にやさしい設備です。

適用例

災害復旧時の汚水処理システム

本設備工事中の仮設汚水処理システム